神待ちっぽい女の子への声のかけ方まとめ

By セヒダ On 10月 24th, 2016

人類皆兄弟という言葉をご存じでしょうか。
同じ人間だから、ルーツをたどっていけば皆同じ親から生まれたのだと考える言葉です。
もちろんそれだけを意味するのではなく、仲良く争いごとをせずに生きていこうという戒めの意味も込められています。

町中で人に話しかけるということ

いくら人類皆兄弟だからといって、町中で見知らぬ女性や男性に対して突然声をかけることは相当勇気がいることです。
もちろんその人が何か落とし物をして、それを拾ってあげたならば別ですがそうでもないのに話しかけてしまっては何か事案になるのかもしれません。
ただ、時には人に話しかけなければならないそんなときもあるといえるでしょう。

女の子に話しかけるのはなかなかリスクが高い

恋人を作りたいと考えている人の中には、ナンパをする方がいらっしゃいます。
そんなときにいくら町中で立ちん坊していたとしても、女の子に話しかけないのですからいつまでたっても恋人はできないでしょう。

そう、ナンパをするときには話しかけなければなりません。
しかし相手からどのように思われるかというリスクや相手にはすでに恋人がいるといったリスクがつきまとうのです。

特徴を知っておけば声をかけられる

さて、恋人になってくれそうな女性あるいは自分と遊んでくれそうな女性を探すときにはどうしたらよいのか。
神待ちの女の子へ、声をかけてあげることがよいでしょう。

恋人がいれば家出をしても、恋人の家に行けばよいだけの話です。
神待ちの女の子は、恋人がいないからこそ神を待っているわけでありまして声をかけてもらうのを待っているでしょう。

あなたが神になる時間はあと少し

今回は神待ちの女の子へどのように声をかけるかという方法論といろいろとまとめてみました。
神になりたいとお考えのそこのあなたは、ぜひとも声のかけ方を習得して話しかけてみてはいかがでしょうか。
きっとあなたにとって非常によい結果をもたらすことかもしれませんよ。